まさやんのアナリスト目線で市場を分析するブログ

先週は弱いながらも続伸。

日経平均直近チャート

日経平均は21,567円まで回復し、
上記チャートでは黒線の250日移動平均で反発したような形になっています。

海外投資家の売買動向をみると、

3月最終週(3/26-3/30)は
買い9兆4,552億円に対して、売り9兆4,457億円でわずかに買い越し優勢。

週単位で変化の兆しが出ているのか?といった動きになっています。
(日証HP 投資部門別 株式売買状況)


ただ最近の米国NYダウを見ると、

先日上げたと思ったら、
4/6(金)は-572ドル(-2.33%)と反落し、
値動きが上下に激しい状態が続いています。

<NYダウ>
NYダウ直近チャート


2000年以降における
NYダウの前日比率の推移を見ると、

NYダウ前日比率の波

NYダウは、
前日比率の上下振れ幅がいったん大きくなると、
振れ幅が拡大した期間が、これまでは短くても3ヶ月間は続いているといえます。
(さらにこの期間、NYダウは弱含んでいるようにも見えます)

今年2月以降、
振れ幅拡大期間がスタートしたとすると、
短くても5月上旬が1つの節目という時期になります。

「米国株はしばらく弱含むのか?」
「そんな米国株の動きに振り回される日本株か?」

といった展開も意識しながら、
じっくり挑みたいところだと個人的には思いますね。


先週の相場は全体的に反発し、日経平均は21,454円まで回復。

日経平均_直近チャート

ただ小さいV字回復で、年初値23,073円からは約-7.0%という位置。

チャートを振り返ってみれば、日経平均の月足は、昨年12月から4ヶ月連続で陰線となっています。

株探 日経平均月足チャート
日経平均_月足チャート


海外投資家は、昨年11月からずっと売り越し。
(参照元:トレーダーズウェブ 投資主体別売買動向)

3月も週単位でみると売り越しが続いているため、実に5ヶ月連続で売り越しという状況です。
(参照元:日本取引所 投資部門別売買状況)

海外投資家が、5ヶ月連続で売り越している状況は、過去データを遡ると、今回の上昇相場が始まった2012年12月よりもさらに前で、2012年5月から9月頃まで遡ることになります。

海外投資家_5ヶ月連続売り越し

「海外投資家が、買いに転じるようなポジティブ材料が出てくるのか」
「さらなる売りで、個人投資家勢が投げ売るような再下落が起きるのか」

売買代金シェアの6割を占めると言われる、海外投資家の売買動向に、相場変調の兆しが出ているとするなら、今後の相場の行方のカギとなりそうな気配ですね。


先週金曜の日経平均は、前日比マイナス974円。
強烈な下げが来ましたね。

<日経平均>
20180326日経チャート

日経先物の夜間も続落し、
20,140円となっているので、
週明けも赤ライン付近のギャップダウンから波乱な幕開けとなりそうです。

また3/27(火)は
期末配当の権利落ちが確定となるので、
今週の日本株市場は一段と動きが活発化しそうですね。

<日経平均>
20180326日経

赤ライン付近で寄り付くとなると、
2017年後半からの上げ幅4,000円を帳消しにする株価位置まで下げてきたことになります。


今年の最高値24,129円をつけた1/23時点では

「ここで下げたら買いチャンス。」
「買いを仕掛けたいから、もうちょっと下げてほしい。」

などと考えて、下げた局面を狙えるような売買ルールを準備したりもするものですが、

いざその水準まで下げたとなると、

「まだまだ下げるかも…」
「下落相場のはじまりかも…」

といった気持ちが勝り、仕掛けをつい躊躇したりしてしまう場合があります。


過去データの検証結果を元に
仕掛けると心に決めていても、
こうした心理的な負荷が運用を難しいものにしてしまう…。

「この心理ギャップをどう埋めるか?」

ここにトレード全般の課題があるとも言えます。

個人的にはやはり自分自身で検証を重ねながら、
売買ルールが持つ強みへの理解を深めていくことが
結果的にはトレード成績の明暗を分ける重要な要素の1つになってくるのではと思ったりしますね。




このページのトップヘ