まさやんのアナリスト目線で市場を分析するブログ

NYダウの連騰は12営業日でストップしてしまいましたが、日本市場の東証マザーズ指数は10連騰中と勢いが続いていますね。

新興銘柄

チャートを見ると、

<東証マザーズ指数>
東証マザーズ指数

静かに(?)右肩上がりを続けています。

ジャスダックも、上へならえといった感じですねw

<ジャスダックインデックス>
ジャスダック指数


信用評価損益率は、楽天証券ベースだと-2.95%、松井証券ベースで-3.724%と、過熱感が警戒されるプラス圏には少しずつ近付いていっていますが、まだ伸びしろがあるようにもとらえられます。

index-img-03
(楽天証券:信用評価損益率の推移)

トレンドは素直にフォローしつつ、自分の売買ルールの仕掛けシグナルに沿ってアクティブに仕掛けていきたいですね。

さて今週の3/9(木)は、日経225先物3月限の取引最終日(SQ前日)。
来週3/16(木)に、FRBが利上げするのかといった思惑で動きそうな雰囲気もあるので、個人的にはボラティリティ拡大を意識して挑みたいところですね。


NYダウは11日連続最高値更新!

NYSE

ジワジワと上げていってますね。

NYダウ11日最高値更新

最高値更新の勢いは、「もう下がるのでは?」という不安な声も織り交ぜながら、高値をグイグイ切り上げていくものだなと感じさせられます。

その一方で、日本株市場はもどかしい停滞感。

NK225

ドル円の一服感が重石になっている印象ですね。

ドル円

とはいえ、昨年秋に100円前後だったドル円は、2月24日終値では112.25円。
輸出企業の想定為替レートは下半期ベースで100円前半で想定している企業も多く、3月決算に向けてポジティブな業績見通しが出てくるような展開があるか見ておきたいですね。

そして最近ちょくちょく出てくるIR(統合型リゾート)のカジノ関連話。
最初は2,3カ所から始め、段階的に全国で10カ所ほどに増やす方針で検討されている模様。

カジノと日本経済204,203,200_

カジノと日本経済

総合レジャーとして関連産業まで含めると、45兆円の市場規模と試算されているIR(統合型リゾート)。
2020年の東京オリンピックの経済効果が、およそ30兆円ほどと言われているので巨大ですね。

「最初に選ばれる地域はどこか?」

何となく気になりますw
IR(統合型リゾート)&カジノといったポジティブな話題で、最近の新興銘柄の盛り上がりだけでなく、日本市場全体で賑わいを取り戻すか注目しておきたいですね。



先週も日経平均はレンジ相場を継続中といった感じでしたね。

<日経平均>
20170214_0218NK225

一方、新興は好調持続という感じです。

<東証マザーズ>
20170214_0218東証M

世界各国の指数を見ても、米国をはじめ、ドイツ、イギリス、中国、インド等々、年初からプラス傾向で世界的なトランプラリーは続いている印象です。
そんな中、2/18時点の日経平均は年初19,298円とほぼトントンの19,235円…。
市場を賑わすようなポジティブな要素をトリガーとして待ちたいですね。

指数チャートの形から見た来週の相場見通しは、試行回数は少ないですが、日経平均やTOPIXの期待値は久しぶりにやや大きめ。

20170220指数インデックス

引き続きコツコツと挑みたいですね。

P.S.
先日のニコ生放送について、キー坊さん hamhamsevenさん ご感想ありがとうございます。
売買ルールの設定例を作る際、イザナミHPで紹介している逆張りルールを元にカスタマイズ法やストーリーを考えることが多いので、逆張り系の話が確かに多くなってますね。
ボラティリティ拡大時に仕掛けていく『ボラ張り』、なかなか興味深いです。

ニコ生放送「株システムトレード情報局」は期間限定ですが、2/26(日)まで無料公開中!

20170216nico
システムトレード独自テクニックを会議した

よろしければどうぞご視聴ください。


このページのトップヘ