まさやんのアナリスト目線で市場を分析するブログ

東証マザース指数は連騰ストップですが、高値更新が続いていますね。
ジャスダックインデックスも好調です。

さて今週3/14(火)は、[6502東芝]の決算発表が予定されています。
先月2/14(火)に1ヶ月延期した決算発表ですが、今回は無事に発表できるのか。
市場の注目は否応なしに高まりそうですね。

6502東芝

日本取引所のアナウンスでは「3/15(水)以後に[6502東芝]から提出される内部管理体制確認書等を確認し、内部管理体制について改善されなかったと判断された場合は上場廃止になる」とあります。

ちなみに過去に粉飾決算を起こした後、上場廃止となった企業では[3102カネボウ][4753ライブドア][8603日興コーディアル証券]等があります。

相場全体への直接的な影響は一概には言えませんが、近年、粉飾会計で上場廃止が決まった銘柄が上場廃止となる日までのおよそ半年間、指数の動きはどうだったのか?


[3102カネボウ] 2005/6/10上場廃止
【日経平均の動き】
3102カネボウ(20041210_20050610上場廃止)


[4753ライブドア] 2006/4/13上場廃止
【日経平均の動き】
日経平均_4753ライブドア(201601_201604上場廃止)

【東証マザーズの動き】
東証マザーズ指数_4753ライブドア(201601_201604上場廃止)


[8603日興コーディアル証券] 2008/1/22上場廃止
【日経平均の動き】
8603日興コーディアル証券(20070722_20080122上場廃止)

少ないサンプルですが、指数の動きと大まかに重ね合わせると強気相場とは言い難い傾向が見えます。


一方、粉飾会計が発覚した後、問題に対処して現在も上場を維持している[7733オリンパス]のようなケースもあります。

[7733オリンパス] 上場維持
【日経平均の動き】
7733オリンパス(201101_20120501上場継続)


[6502東芝]が上場を維持できるのか上場廃止となるのかはもちろん分かりませんが、3/14(火)の決算発表や今後の方向性次第で、相場全体の風向きが少し変わる可能性もありますので、2017年相場の1つのターニングポイントとして注視しておきたいですね。


NYダウの連騰は12営業日でストップしてしまいましたが、日本市場の東証マザーズ指数は10連騰中と勢いが続いていますね。

新興銘柄

チャートを見ると、

<東証マザーズ指数>
東証マザーズ指数

静かに(?)右肩上がりを続けています。

ジャスダックも、上へならえといった感じですねw

<ジャスダックインデックス>
ジャスダック指数


信用評価損益率は、楽天証券ベースだと-2.95%、松井証券ベースで-3.724%と、過熱感が警戒されるプラス圏には少しずつ近付いていっていますが、まだ伸びしろがあるようにもとらえられます。

index-img-03
(楽天証券:信用評価損益率の推移)

トレンドは素直にフォローしつつ、自分の売買ルールの仕掛けシグナルに沿ってアクティブに仕掛けていきたいですね。

さて今週の3/9(木)は、日経225先物3月限の取引最終日(SQ前日)。
来週3/16(木)に、FRBが利上げするのかといった思惑で動きそうな雰囲気もあるので、個人的にはボラティリティ拡大を意識して挑みたいところですね。


NYダウは11日連続最高値更新!

NYSE

ジワジワと上げていってますね。

NYダウ11日最高値更新

最高値更新の勢いは、「もう下がるのでは?」という不安な声も織り交ぜながら、高値をグイグイ切り上げていくものだなと感じさせられます。

その一方で、日本株市場はもどかしい停滞感。

NK225

ドル円の一服感が重石になっている印象ですね。

ドル円

とはいえ、昨年秋に100円前後だったドル円は、2月24日終値では112.25円。
輸出企業の想定為替レートは下半期ベースで100円前半で想定している企業も多く、3月決算に向けてポジティブな業績見通しが出てくるような展開があるか見ておきたいですね。

そして最近ちょくちょく出てくるIR(統合型リゾート)のカジノ関連話。
最初は2,3カ所から始め、段階的に全国で10カ所ほどに増やす方針で検討されている模様。

カジノと日本経済204,203,200_

カジノと日本経済

総合レジャーとして関連産業まで含めると、45兆円の市場規模と試算されているIR(統合型リゾート)。
2020年の東京オリンピックの経済効果が、およそ30兆円ほどと言われているので巨大ですね。

「最初に選ばれる地域はどこか?」

何となく気になりますw
IR(統合型リゾート)&カジノといったポジティブな話題で、最近の新興銘柄の盛り上がりだけでなく、日本市場全体で賑わいを取り戻すか注目しておきたいですね。



このページのトップヘ