まさやんのアナリスト目線で市場を分析するブログ

★ 株システムトレード実践セミナー開催します!(無料) ★
東京セミナー
東京(大田区産業プラザ(PiO)) 4/22(土) 14:00~
ご要望多数につき開催決定! お申し込みはお早めに!(*^_^*)

NYダウは一進一退で2万ドルには届かず。
日米の株式市場ともに、クリスマス休暇モードのためか小さな値動きに終始しましたね。

さて今年も大納会まで残りわずか。

「2016年の相場はどんな傾向があったのか?」

各年度で大発会の初値から大納会日の引け値までの期間を、銘柄ごとを有し続けた場合、年度ごとの平均利益と平均損失はどのように推移しているかをグラフにしてみました。

対象銘柄:株価100円以上、売買代金は10日平均が1億円以上
20161226_1230平均利益と平均損失の推移

平均利益は2013年から目立って年々減少傾向である一方、平均損失は横ばい気味。

平均利益と平均損失を足し合わせて「平均変化率」のグラフに変化させてみると、

20161226_1230平均利益と平均損失の合計

緩やかな右肩下がりが続いてますね。

年度ごとの+100%以上の銘柄数を見てみると、
100%以上銘柄数2000_2007
100%以上銘柄数2007_2016

ここ数年は+100%以上の銘柄数が減ったことで、2000年前半と比較して平均利益が低下しているわけではなさそうです。

「突出して大幅上昇する銘柄が減ってきている?」
「ここ数年は利益確定ラインが少しずつ下がってきている?」

あくまで傾向を探るという検証結果の一片という感じですが、こうした試行錯誤を重ねながら、来年に向けてシステムトレードの運用方針を見直したり改良したりと、少しずつ準備していきたいですね。


日経平均は先週から上げ続けて9連騰。

NK2259連騰










陰線がちらほら目立ち、場中にも力強く上昇するような勢いは弱まった印象ですが、ジワジワと切り上がっていきますね。

信用評価損益率で見ると、先週12/9(金)時点では7.06%。

信用評価損益率

チャートで見ると、今年8月から上昇しはじめ、上値ラインをブレイクした位置まで回復。
2015年12月頃の水準まで戻してきました。

日経平均チャートを眺めると、
年初からの下落と11月からの上昇を除けばほぼBOX相場。

2016_NK225_BOX相場

途中には英国EU離脱やトランプ氏当選といった場面での急落があり、「ポジション量をコントロールする資金管理力」や「トレードを継続していく力」が試されたような年だったなと個人的には感じますね。

トレード手法については、押し目買いやリバウンド狙いといった逆張り買いの手法は、2016年のデータも吟味しながら検証を重ねながら、もっと磨いていきたいですね。

来週の相場見通しを、イザナミ相関機能を使って見てみるとご覧の通り。

20161219_1222指数インデックス

20161219_1222指数インデックス(NYダウ)

NYダウは12/16時点の終値が19,843ドル。
期待値+0.08%を足し合わせると、20,002ドルに到達!?
(あくまで過去チャートの傾向ですがw)

NYダウ20,000ドル突破なるか、市場の関心は引き続き高まりそうですね。
日本株にも市場参加者の期待感が波及していくか注目です。


このページのトップヘ