まさやんのアナリスト目線で市場を分析するブログ

今回はアノマリー的な内容も交えた相場のお話。

まだ少し先ですが、6月からはサッカーW杯がブラジルで開催。
yjimage
W杯が近付くと、株式市場が弱含む印象を個人的には持っているのですが、実際はどうか?
2002年からの日経平均で見るとご覧の通り。
W杯前後の日経平均

2002年の日韓W杯、2006年のドイツW杯、2010年の南アW杯と、見事にいずれも弱含む展開となっていました。
(1980年代まで遡ってみると、1986年メキシコW杯の時期以外はやや弱い傾向にありました)

さて4年に1度のW杯。
開催時期が近くなると株式市場が弱含むという背景には、実体経済において、短い周期の景気循環「キチンの波」が影響しているためではと個人的には考えています。
犬サーフィン
※キチンの波…企業の在庫調整によって発生する約40ヶ月程度の短期の景気循環のこと。

五輪やW杯といったイベントは、まず建設工事を始めとした新たな需要を生み出し、景気に大きな波及効果をもたらします。そして人々の消費意欲は、波及効果によってもたらされた恩恵を享受して高まり、企業は在庫の数を人々の消費意欲の高まりに合わせて調整するという流れが起きるイメージです。

そのように考えた場合、現在の企業の在庫状況はどうか?
鉱工業の在庫循環図で見るとご覧の通り。
2013_10-12在庫循環図
在庫循環図は、赤枠の三角形の位置だと景気は回復or拡大局面、反対側の三角形の位置だと景気は減速or後退局面と見ます。 2013/10-12時点では、「出荷は増えつつ、在庫は減っている」という状況。
景気は緩やかな拡大局面にあるといえます。

ただ2002年と2006年のどちらの状況に近いかは見方が難しいところです。
2002_2Qと2006_2Q在庫循環図
世界経済全体としては、中国の理財商品や社債デフォルト問題や新興国経済の失速が気になり始めていますが、「景気拡大基調はしばらく続くのでは」と見ています。

P.S.個人的には、仕掛け量は増やさず、気持ち軽めでいきたいところですね。


<ヤフー株価予想2014/3/3~3/7>
20140303_0307取引結果

20140303_0307累積損益率



ビットコインをこれからいろいろ調べてみようかと思った矢先、渋谷の取引仲介会社Mt.Goxがまさかの取引停止。

先ほどMt.Gox代表が記者会見。

「システムに弱いところがあり、コインが無くなった…」

無くなったのは75万ビットコインで、その額およそ370億!(驚)


先週記事を書いた後、翌日ビットコインのチャートを見たら、前日比+118.49%!

「尋常じゃない値動きだな」と思いつつも、試しにどんなものか1ビットコインくらい買ってみようかなと思い始めたところでギリギリセーフ(笑)


世界最大規模のビットコイン取引所Mt.Gox破綻は、仮想通貨ビットコイン熱に一旦ピリオドを打ちそうですね。

氣志團ワンナイトカーニバル

「じゃぁピリオドの向こうはどうか?」

個人的には電子通貨が普及していく流れは今後も続くと思っています。

貨幣の三大機能は、

(1)交換機能(財やサービスの支払い手段)

(2)価値を計る尺度(米1Kgに対して魚5匹のように交換するときの基準)

(3)価値の保蔵手段(現在の資産価値を将来へ保蔵)

※貨幣とは「お金」そのものの総称。通貨とは「その国で通用する貨幣」のこと。


Mt.Goxがサイバー攻撃に合ってビットコインを消失したということが事実ならば、ビットコインの(3)価値の保蔵手段としての信用が揺らいだといえます。ただビットコインのような電子通貨が持つ海外送金や貿易決済が便利という(1)交換機能の優位性が否定されたわけではありません。

今回のビットコイン問題を引き金に、電子通貨へのニーズが再認識され、(ビットコインに限らず)電子通貨の普及は今後加速し、法整備も後から追いついてくるという歴史的に成長産業によく見られる展開となりそうです。

(個人的にはTANAKAの純金積立が好みです)

田中貴金属コツコツ積立

P.S.ヤフー株価予想もコツコツです。
<ヤフー株価予想2014/2/24~2/28>
20140224_0228取引結果

20140224_0228累積損益率



今週はやや反発相場で良かったと言えば、良かったのですが…。
株価予想は、寄付直前に「投稿完了!」と思った「3092スタートトゥデイ」がデータ処理に時間がかかったのか9:00ちょうどの投稿になって来週へ。
しかもそんな時に限って今週+10.75%の大幅上昇…。
V字回復はお預けとなりました(苦笑)

さて今回は株ではなく、電子通貨「ビットコイン」のお話。
ビットコインとは、2008年に誕生したインターネット上で流通する電子通貨のこと。
ビットコインロゴ

企業や政府が関与する機関の支配も受けず、裏付けとなる資産を持たないと言われていることもびっくりですが、もう一つびっくりなのが昨年の最大上昇率!

昨年の日経平均が+50%強なのに対し、ビットコインは何と一時+30,000%を突破!
1ビットコインの価格は昨年1月400円ほどだったのが、12月には120,000円まで上昇!
国内はアベノミクス相場で盛り上がってましたが、世界的にはビットコイン熱が凄まじかったようです。
(最高値を付けてから、その後3日間で半値くらいまで暴落したようですが)
※2014/2/21終値は11,700円ほどのようです…(驚)

個人的にはビットコインを全く身近なモノに感じてなかったのですが、それもそのはず。
世界のビットコイン取引の9割は米ドルと人民元で、日本円の取引は全体の1%以下。

まだまだよく分からない電子通貨。
何がそんなにスゴイのか?
これから時々フォーカスしていきたいと思います。

☆最近読んだビットコイン関連書籍
ビットコイン

ビットコイン あたらしいネットビジネスの教科書 [Kindle版]著者:合尾英介 氏
これ1冊でビットコイン事情がかなり掴めます!

<今週の株価予想2014/2/17~2/21>
取引結果20140217-0221

成績集計20140217-0221


このページのトップヘ