為替は急な円安からの揺り戻しか、円高方向の動きがしばらく続いてますね。

<ドル円>
20170116ドル円

そんな中、日経平均は持ちこたえている感じがありますね。
(日証の投資部門別売買状況を見ると、海外投資家の買い越しが続いているようです)

<日経平均>
20170116NK225

NYダウも2万ドルを目前に一進一退という印象。

<NYダウ>
20170116NYダウ

今週は、1/17(火)からスイスのダボス会議(世界経済フォーラム年次会合)、1/20(金)のトランプ大統領就任式等、世界的なイベントが続くので、投機的な動きからボラティリティが拡大する流れを引き続き意識しておきたいところですね。

ドル高の大きな流れは止んでないのではと思いますので、日本株も東芝の減損や会計問題等の影響が限定的であれば、どこでいったん反転してくるかといった観点で個人的にはとらえてます。
売買ルール通りコツコツと仕掛けていきたいですね。

P.S.
最近、ルービックキューブの攻略本をAmazonで発見!

617JRkX-QaL__SX354_BO1,204,203,200_

「チャンピオンの秘密テクニック講座付き 頭を鍛える! ルービックキューブ最速攻略法 (TJ MOOK)」

絶版本なので出品者購入でちょっとプレミアム価格になってましたが、「ホントにだれでも解けるの?」と興味が湧いてやってみました。

さすがチャンピオン指南書、Step通りにやってみると、完全6面初クリア!

流れとしては、

(1)完全1面(上段)を揃える
(2)対面の2面(下段)を揃える
(3)中段を揃える

そしてポイントは、

「角のブロックを先に揃える。」
「入れる→(壊したくないところを)逃がす→揃える」

システムトレードの売買ルール作りでも、最初からコンセプトや狙いが明確であれば理想的ですが、毎回そうはうまく運ばないもの。

そんなとき手始めは、狙い所をイメージしながら、ルービックキューブの角を揃えるように、まずは核となる条件や執行方法を自分なりに定めて、大枠を形作ってみるのが有効かもしれません。

そして思い付いたアイデアを追加して試していく際に、こんがらがってぐちゃぐちゃにしてしまわないように、「入れる→(壊したくないところを)逃がす→揃える」という動作を、丁寧に繰り返していける根気。

ルービックキューブは思考Stepを立体的にとらえられて、なんか売買ルール作りに通じるものがあるなと妙に感心しました。
(この本見ながらでないと全然揃えられませんが…w)