最近は日経平均に横ばい感が漂う中、新興市場の勢いは続いてますね。

【JASDAQ】
JASDAQ

【東証マザーズ】
東証マザーズ

新興市場では、信用取引を行う個人投資家が比較的多く、信用取引の評価損益状況を表す「信用評価損益率」を見ても昨年7月頃から回復傾向にあり、

信用評価損益率(1年)

2013年まで遡ってみても、この半年は急に上向いてきています。

信用評価損益率(2013_2017年)

信用評価損益率はプラマイゼロに近付くにつれて、上昇トレンドのピークアウト感が出ると言われていますが、2/10(金)時点では-4.65%(松井証券の公表値ベース)。

「2013年前半に、これ位の水準でグイグイ上がった相場が懐かしいですねw」

日米首脳会談が平穏無事に終わり、来週からマーケットが再び賑わう(?)かどうかはわかりませんが、ポジティブなイメージを持ちながら柔軟に挑みたいですね。

P.S.
さて来週2/16(木)は、ニコ生「株システムトレード情報局

ニコ生第24回

テーマは各自持ち寄りです!
「今の相場になんとなく乗れていない…」と感じる方は、売買ルールの見直しを行ったりするヒントが見つかるかも!?
お時間ある方は、どうぞお付き合いください!(^^)