2017年に入って3ヶ月、依然ヨコヨコな動きが続いてますね。

<日経平均>
2017NK225レンジ

今回は、3月末決算が近いという事でファンダメンタル的な要素、PER(東証1部)の時系列データを少し見てみましょう。

2017東証1部PER

参考URL:日本取引所HP その他統計資料 規模別・業種別PER・PBR(連結・単体)一覧

PER(Price Earnings Ratio)とは、株価と企業の収益力を比較する指標で、株価収益率とも言います。
「株価÷1株あたり当期純利益(EPS)」で算出し、 例えば株価が500円で1株あたり当期純利益が50円ならば、PERは10倍となり、PERが高ければ高いほど株価は割高、低ければ低いほど株価は割安といった風にとらえます。

また来期業績予想の1株あたり当期純利益を元にした予想PERの数値がよく注目されます。

(上記グラフで線が切れている期間は、1株あたり当期純利益がマイナスでPERの値が求められない期間になります)

TOPIXチャートを並べてみると、

TOPIX長期チャート

1999年や2004年頃の上昇期は、PER水準とはお構いなしに株はどんどん買われた相場だったとも言えます。
そして2012年から現在に至る株価上昇は、PER水準で見れば買われ過ぎ感はまだ出ていないようにも見えますね。

今後相場が単純に即上方向にグイグイ伸びる局面なのかはもちろん分かりませんが、例えば時間軸を東京オリンピック開催までの数年単位で見たとき、株式市場全体で上昇気運が高まるような流れが出てきた場合、伸びしろ余地は意外にまだまだ大きいかも(?)といった可能性は意識しておきたいですね。