先週の日経平均はリバウンド。
ただ反発の仕方が少し弱いような印象も受けますね。

NK225_直近


2017年相場は、4月23日時点の営業日数ベースで76日が経過したところです。

今回はイザナミの相場情報機能を使って、[期間上昇率(75日)]プラスの銘柄数とマイナスの銘柄数の推移をそれぞれ見てみましょう。

<[期間上昇率(75日)]プラスの銘柄数>
期間上昇率75プラス

<[期間上昇率(75日)]マイナスの銘柄数>
期間上昇率75マイナス

2017年は、[期間上昇率(75日)]プラスの銘柄数が、マイナスの銘柄数を上回っていましたが、4/10頃から逆転し、マイナスの銘柄数が上回ってきています。

そして4/21時点ではプラスの銘柄数1,601銘柄、マイナスの銘柄数が1,875銘柄となっています。

「長期で見るとどうか?」

<[期間上昇率(75日)]プラス銘柄数の長期推移>
期間上昇率75プラス(長期)

<[期間上昇率(75日)]マイナス銘柄数の長期推移>
期間上昇率75マイナス(長期)

それぞれ波打つような動きをしていますね。
(指標の特性上、当然そうなりやすいとも言えますがw)

1つ特徴として挙げると、[期間上昇率(75日)]プラス銘柄数が3,000以上となった後、いったん下げ始めた場合、1,000以下の水準まで一気に割り込んでいるケースが比較的多いようにも見えますね。

今後、[期間上昇率(75)]プラスの銘柄数が1,601銘柄(2017/4/21時点)から1,000以下に落ち込むような状況が出てくるのか(?)、出てきた場合は逆張りの買い仕掛けタイミングになるのか(?)といった点は一応意識しておきたいですね。