先週の日経平均もギャップアップから上昇基調を持続。

NK225

1年半ぶりに2万円越え目前という位置まで戻してきてますね。


さてボラティリティの観点で個別銘柄全体を見た場合はどうか?

今回は「期間高値25日と期間安値25日との乖離率」がある程度の大きさ(30%以上)の銘柄数推移を見てみましょう。

【期間高値25日と期間安値25日との乖離率が30%以上の銘柄数】
期間高値25日と期間安値25日

25日間の期間高値と期間安値の値幅でみた場合、2017年5月現在のボラティリティは2000年からみても相当に低い水準といえます。
昨年11月からのトランプ相場でもボラティリティは拡大しておらず、2017年に入ってからも一貫して低い水準が続いています。

一方、TOPIX推移は次の通り。

TOPIX

TOPIXのチャート推移でみると、上昇・下落の大きなトレンド転換の兆しとしては、ボラティリティ(「期間高値と期間安値との乖離率」の数値)が突出して大きくなるケースが多いようにも見えますので、直近相場でそうしたボラティリティ拡大局面が出てきた場合は、上昇・下落どちらの方向に強まってくるのかは意識しておきたいところですね。

P.S.
最近読んだ株マンガ「マネーウォーズ(全9巻)

マネーウォーズ

場立ちや株券発行などが行われていた1980年台の証券マンを描いたストーリーで、株バブルに向かってく時代背景が少し垣間見れます。
このマンガは1985年から1989年まで月刊誌「ビジネスジャンプ」で連載されていたようなので、マンガの中と現実の時間軸はほぼ同じで描かれていたという点は驚きです。
30年経っても色褪せない、まさに温故知新の株マンガですね。

そして現代の株マンガと言えばこちら。
全シ連39話

全シ連 』最新話、ただいま公開中!
多様性について語るタクマ氏の支部長コラムも合わせてどうぞー!